里親家庭、子供たちが傷つかないために 学校での留意点は?:産経新聞


里親家庭、子供たちが傷つかないために 学校での留意点は?:産経新聞 2018/10/10

”10月は里親月間。里親は、虐待や親の病気、死別などで実親と暮らせない子供を預かり、「もう一人の親」となって家庭で養育する。つらい経験で心に傷を負った子供も少なくないため、繊細な配慮が求められる一方で、里親養育ならではの悩みや困り事への理解不足から、子供たちが傷つくこともあるという。子供が普段、長い時間を過ごす学校では、どんな点に留意すればいいのか。”

例えば子どもの成育歴を明かさなければならない「2分の1成人式」など、学校生活では様々な点で配慮が求められる場面があります。

里親家庭のみならず、事情を抱えた家庭は必ず存在します。学校現場では、それぞれの家庭の事情に応じたきめ細やかな配慮が必要なのではないでしょうか。