虐待した保護者、虐待された子のその後は――? 児童相談所の「措置機能」を考える:cyzo woman


虐待した保護者、虐待された子のその後は――? 児童相談所の「措置機能」を考える:cyzo woman 2018/08/20

cyzo womanが虐待が起こる要因や予防策を探る連載記事の第4回は、子ども家庭福祉学者・柏女霊峰氏(淑徳大学 総合福祉学部 社会福祉学科教授)による児童相談所の“措置機能”に関する見解です。

児童相談所の行う機能のうち、「措置機能」とは、保護者や子どもに対して指導を行うこと、児童養護施設や乳児院などの入所型の施設や里親、ファミリーホームに子どもの養育を委託することを指します。

柏女氏は、保護者支援と子どもの保護を同時に行うことの難しさを、今後の課題の一つとして挙げていますが、その他、人手不足が引き起こす問題等、児童相談所が措置機能を果たす上での課題は多岐にわたります。

そのうえで、柏女氏はこのように述べられています。”児童相談所は、よく「子どもの処遇を振り分けるだけ」なんて言われますが、判断一つひとつが、1人の子どもの人生を大きく左右するわけですから、その重圧は言葉では言い表せないほどです。正解がないことですから、なかなか難しい。子どもの気持ちを思えば、できる限り、親子関係を再構築して、親元へ返してあげたい……児童相談所としては、それが最良であると感じていると思います。そのために何ができるのか、考えていかなければいけませんね。”

何よりもまず子どもにとっての最善か否かの判断基準に立って、児童養護に関わる制度の運用・構築がなされるべきではないでしょうか。

http://www.cyzowoman.com/2018/08/post_196679_1.html