政府 児童虐待防止で緊急対策:NHK NEWS WEB


政府 児童虐待防止で緊急対策:NHK NEWS WEB 2018/07/20

”東京・目黒区で5歳の女の子が十分な食事を与えられずに死亡した事件を受けて、政府は関係閣僚会議を開き、児童相談所の体制を強化するため、児童福祉司をおよそ2000人増やすことなどを盛り込んだ緊急対策を決定しました。”

”安倍総理大臣は、「虐待によって幼い命が奪われる痛ましい出来事を、もう繰り返してはならない。子どもの命を守るため、あらゆる手段を尽くし、やれることはすべてやるという強い決意で取り組んでほしい」と述べました。”

緊急対策には、その他、”虐待の通告から48時間以内に子どもと面会できず、安全を確認できない場合は、原則として立ち入り調査を行い、必要に応じて警察に援助を要請すること”、”ことし9月末までに、乳幼児健診を受けていなかったり、保育園や幼稚園に通っていなかったりする子どもたちの情報を全国の市町村を通じて集め、子どもの現状の確認を進める”こと等も盛り込まれているとのことです。

何度も繰り返されてきた痛ましい事件の末、とうとう国が本腰を入れて対策に乗り出しました。
安部総理大臣の述べる「強い決意」が今後も継続され、児童虐待の根絶につながるよう、わたしどもこども@ホーム推進委員会も、引き続き粘り強くこの問題に取り組んでまいります。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180720/0015034.html