里親に社会の支援を 虐待、貧困の子 進まぬ委託 /和歌山:毎日新聞


里親に社会の支援を 虐待、貧困の子 進まぬ委託 /和歌山:毎日新聞 2018/03/25

和歌山県での、社会的養護に取り組む人たちの声です。

”虐待や貧困のため親元で暮らせない子供たちの育ての場を「施設」から「家庭」にシフトさせようとする国の取り組みが論議を呼んでいる。国は家庭的な養育環境が期待できる里親への委託率を昨年度末の18・3%から、未就学児で75%以上、就学児で50%以上に引き上げたい考えだが、里親の受け入れ態勢や実親の同意が壁となり、先行きは見通せていない。現場からは社会全体での協力を求める声も上がっている。”

https://mainichi.jp/articles/20180325/ddl/k30/040/251000c