「特別養子縁組」で子を授かった夫婦のリアル:東洋経済オンライン


「特別養子縁組」で子を授かった夫婦のリアル:東洋経済オンライン 2018/04/05

約1年前、「特別養子縁組」で養親となった石井友子(仮名)さん。多くの養親が、不妊治療を重ね、断念した末に特別養子縁組という選択肢にたどり着くのに対し、不妊治療と並行しながら特別養子縁組を検討し、共働きでも登録を可能とする民間の養子縁組あっせん団体を通して子を迎え入れました。

特別養子縁組には、我が子を手放す生みの親の葛藤、血をつながらない子を受け入れることへの育ての親の葛藤、それぞれが存在します。

この制度が広がるには、児童相談所、民間のあっせん団体とも、双方の親に寄り添った支援をしていく必要があるのではないでしょうか。

https://toyokeizai.net/articles/-/215399