里親たちが明かす“現実”:NHK おはよう日本


里親たちが明かす“現実”:NHK おはよう日本 2018/03/28

虐待などで実の親と暮らせない子どもを里親に預ける『里親制度』。厚生労働省は、今後7年で就学未満の子どもについては社会的養護の必要な子どもの75%以上を里親など家庭環境において養育することを目標と掲げていますが、現在は20%未満にとどまっています。

NHKおはよう日本が全国の里親に対し実施した独自のアンケートからはなど、里子の養育で困難を感じていると答えた人は、およそ8割に上りました。里子となる子は、虐待などで心の傷を負っており、里親の愛情を試す行動にでることもあり、「困った時に相談先がなかった」など、孤立して悩んでしまう里親もいます。

そんな中、中野区で里親の齋藤直巨さんが始めた、里子を預かる中で生まれる不安や悩みを解消したいと、里親同士が集まって自由に話せる”里親サロン”の取り組みが注目を集めています。しかし、現状では、こうした取り組みのほとんどは、個人や地域が主体です。

取材した記者は、”日本では、児童相談所が子どもの問題全般に対応し、人手も足りず、ケアに手が回らないのが現状です。 子どもが家庭的な環境で健やかに成長していくためにも、行政が主導して支援を充実させていくことが強く求められていると感じました。”と述べています。

子どもの社会的養護を里親主体に移行させていく中で、児童相談所・児童養護施設等は連携して里親の支援やより専門的なケアに当たれるようになるとよいのではないでしょうか。

https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2018/03/0328.html