児童養護施設で成人式 善意の振り袖「一人じゃないよ」:朝日新聞


児童養護施設で成人式 善意の振り袖「一人じゃないよ」:朝日新聞 2018/1/15

”東京都内のある児童養護施設で14日、出身者の成人を祝う会が開かれた。施設は原則18歳で出なければならず、退所後の社会的な支援も十分ではない。「ひとりじゃないよ」。そう伝えるため、当時の理事長の女性らが4年前に始めた。善意で寄せられた振り袖に身を包んだ新成人の門出を、職員や先輩が祝った。”

施設を退所すると、急に支援の手が絶たれ、経済的、あるいは精神的に困難な状況に立たされる出身者も少なくありません。こうしたつながりがあることが、自立への助けとなるのではないでしょうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000011-asahi-soci