「内密出産」制度なぜ検討か 予期せぬ妊娠、孤立する母:朝日新聞DIGITAL


「内密出産」制度なぜ検討か 予期せぬ妊娠、孤立する母:朝日新聞DIGITAL 2017/12/16

”「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)の開設から約10年。慈恵病院(熊本市)が、予期せぬ妊娠に悩む女性を支援する新たな制度「内密出産」の導入を検討し始めた。危険な出産を防ぐとともに、生まれた子が出自を知る権利も守れる利点がある。熊本市は国の積極関与や法整備を望むが、動きは鈍い。”

予期せぬ妊娠により、自宅で車中で孤独な出産を行う女性が生まれた子を預け入れる割合が増えているといいます。
こうした女性を支援することが、社会的養護を必要とする子どもを少なくすることにもつながるのではないでしょうか。

https://www.asahi.com/articles/ASKDH5HGDKDHTIPE022.html