10人の子どもを育てるママ。実子が4人いるのにどうして里親をするの?:HuffPost Japan


10人の子どもを育てるママ。実子が4人いるのにどうして里親をするの?:HuffPost Japan 2017/11/28

千葉県在住の吉成さんは、虐待を受けていた子供を自宅で預かったことをきっかけに、自宅をファミリーホームとして登録し、実子4人に加え現在6人の子供を育てている女性です。

”(※ファミリーホームとは、養育里親と同じように、生みの親が育てられない子供を家庭に迎えて養育する「家庭養護」。養育里親より預かれる子どもの数が多い。また、里親の経験がある、児童養護施設等で職員をしていた、など一定の条件を満たさなければいけない)”

もちろん実子であれ里子であれ、子育ては楽しいけれど楽なことではありません。それを支えてきたのは、里親仲間や地域のママ友とのつながりだと吉成さんは言います。

また、”子供たちを預かって育てるうちに、吉成さんは「子供たちだけではなく、実親たちへのサポートも必要だ」と気がついた”そうです。

地域や家庭のつながりが希薄になったうえ、社会的なセーフティーネットが十分に機能しているとはいえない現在の日本社会で、吉成さんのファミリーホームは、新たなつながりの場所となっているのかもしれません。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/27/family-home-yoshinari_a_23286131/