「ファミサポ」経験者 里親に育てよう 中野区のグループが拡充案:東京新聞


「ファミサポ」経験者 里親に育てよう 中野区のグループが拡充案:東京新聞 2017/08/30

“経済的な事情や虐待などのため親元で暮らせない子どもの受け入れ先として、厚生労働省は、これまで主流だった施設入所から里親委託を増やす方針を示している。なり手の少ない里親の確保が課題となる中、東京都中野区の里親らのグループが考えた、里親を増やすアイデアが注目されている。”

”中野区の里親や大学教授らでつくる「チャレンジ中野!Grow Happy Family & Community」が提案したのは、各地で子育て支援として定着している「ファミリー・サポート事業」(ファミサポ)との連携だ。提案は三月、東京大公共政策大学院が主催した政策コンテストでグランプリを受賞した。”

このグループは私共こども@ホームのメンバーで里親の斎藤直巨が代表を務めています。いかに里親の担い手を増やしつつ質を担保するかが課題となっている中、子どもを地域のつながりの中で切れ目なく育てられるこのアイディアが、ぜひ各地で取り入れられるよう願います。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201708/CK2017083002000181.html