乳幼児専任の里親/福岡市が開拓へ 家庭的環境、特に必要:毎日新聞


乳幼児専任の里親/福岡市が開拓へ 家庭的環境、特に必要:毎日新聞 2017/07/27

”福岡市が、親の病気や養育困難などで一時保護した赤ちゃんや幼児を預かる乳幼児専任の養育里親の開拓に力を入れ始めた。一時保護した乳幼児は乳児院などに入所するのが一般的で、乳幼児専任の里親は珍しい。市は「赤ちゃんの時期にこそ、家庭的な環境を保障する必要がある」と説明する。”

乳幼児期に特定の人と愛着関係を築くことが、こどもの心身の発達に大きな影響を与えることが研究により証明されています。こうした取り組みが全国に広まるよう、私たちも粘り強く取り組みを続けてまいります。

https://mainichi.jp/articles/20170727/k00/00e/040/305000c