知られざる“虐待入院” ~全国調査・子どもたちがなぜ~:NHK クローズアップ現代


知られざる“虐待入院” ~全国調査・子どもたちがなぜ~:NHK クローズアップ現代 2017/07/20

“親からの虐待が原因で入院した子どもが、元気になった後も施設などに入れず、入院を続ける“虐待入院”。NHKの取材では、こうしたケースが全国の病院で相次いでいることが明らかになった。子どもたちはなぜ退院できないのか。“虐待入院”が子どもたちの心身にどのような影響を及ぼすのか。知られざる実態に迫り、“虐待入院”を減らすために何が求められているのかを考える。

“今回NHKは、全国の医療機関で初めて行われた調査結果を入手。こうした子どもが少なくとも356人に上ることが分かりました。明らかになった虐待入院。社会と隔絶した病室で長期間過ごすことで、心身への影響が懸念されています。こうした入院は中学生以上にまで及び、学校に行けなかった子どももいます。”

この報道には大きな反響があったといいます。

“NHKの報道の翌日、塩崎厚生労働大臣は実態調査を行った上で対策を検討することを明らかにしました。「子どもが健全に育つ権利を守るためにも、子どもにいちばんあった養育を実現したい」と述べ、里親への委託や、特別養子縁組などの取り組みを進めていく考えも示しました。(なぜ“虐待入院”と名付けたか:NHK NEWS WEB 2017/07/28より)”

里親への委託を原則とする方針が昨日厚生労働省より明らかにされており、こうした「虐待入院」の解消にもつながるよう、こども@ホーム推進委員会でも働きかけを続けてまいります。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4011/index.html?1500457336