[お知らせ]2017/06/29 タイガーマスク基金 勉強会#30 「児童福祉法改正・自立援助ホームに求められる期待と課題」


[お知らせ]2017/06/29タイガーマスク基金 勉強会#30 「児童福祉法改正・自立援助ホームに求められる期待と課題」

「自立援助ホーム」は、高校に進学できなかったり、中退した子どもの居場所として、15歳~19歳の若者たちが働きながら自立を目指して暮らしています。しかし、若者たちは、職場や生活場面でも困難をかかえ、退所年齢の20歳になっても社会に巣立つ準備ができない場合も多くあります。

昨年の児童福祉法改正で、大学等に就学中の学生は22歳まで「自立援助ホームで暮らせることが認めらるようになりました。

自立支援ホーム「あすなろ荘」のホーム長であり、「全国自立援助ホーム協議会」の事務局長でもあるタイガーマスク基金の恒松理事から、児童福祉法改正にともなう自立援助ホームに求められる期待と課題についてお話しいただく勉強会とのことです。

お問い合わせ・お申込みは主催団体に直接ご連絡ください。

http://www.tigermask-fund.jp/seminar.html