児童虐待に司法の関与を強化 急増に対応、家裁が審査 今国会に法案提出へ:産経新聞


児童虐待に司法の関与を強化 急増に対応、家裁が審査 今国会に法案提出へ:産経新聞 2017/02/05

急増する児童虐待に対応するため、政府が司法の関与を強化する法案を来月以降に今通常国会へ提出する方針を決めたことが4日、分かりました。対応に苦慮する児童相談所(児相)と保護者との間の軋轢(あつれき)を解消することが目的です。虐待を受けた子を預かる「一時保護」が長期化する傾向にある中、その適否を家庭裁判所(家裁)が審査するほか、保護者に対する指導に家裁も加わる新たな制度を法案に盛り込みます。

児童相談所の職員の抱える案件は1人で平均100件にも及びます。こうした司法との協力によって保護を必要とする児童が、より素早く対応を受けられることを期待します。

http://www.sankei.com/affairs/news/170205/afr1702050007-n1.html