特別養子縁組あっせん43件 産婦人科の協議会、3年で:日本経済新聞


特別養子縁組あっせん43件 産婦人科の協議会、3年で:日本経済新聞 2016年9月9日

女性がさまざまな事情で赤ちゃんを育てられない場合、必要に応じて養父母を紹介する「あんしん母と子の産婦人科連絡協議会」(本部・埼玉県熊谷市)は9日までに、2013年9月の発足から3年間で、特別養子縁組を43件あっせんしたと明らかにしました。

協議会は、熊谷市の産婦人科「さめじまボンディングクリニック」(鮫島浩二院長)を中心に設立され、現在は16道府県の医療機関22施設が参加。妊娠に関する悩みの相談を受けるほか、特別養子縁組の支援を医療の一環として行っています。鮫島院長は「医療が福祉の分野に参入し、行政とも連携することで、児童虐待防止にもつながっている」としています。

医療、福祉、行政の間の連携が現在の日本では常にされているわけではありません。このような事例が全国で更に広がっていくと、社会的制度の狭間で苦しむ女性・子どもをより効果的に救うことができるのではないでしょうか。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08HC5_Z00C16A9CR0000/