虐待死の可能性、国集計の3~5倍 小児科学会が初推計:朝日新聞


虐待死の可能性、国集計の3~5倍 小児科学会が初推計:朝日新聞 2016年3月21日

http://www.asahi.com/articles/ASJ3K6SYGJ3KUUPI004.html

日本小児科学会は年間約350人の子どもが虐待で亡くなった可能性があるとの推計を初めてまとめました。2011~13年度の厚生労働省の集計では年69~99人(無理心中含む)で、その3~5倍になります。厚労省は自治体の報告を基に虐待死を集計しているが、同学会は「虐待死が見逃されている恐れがある」と指摘しています。