児童虐待死、救うには 現場を歩いて考える 東京・大田/埼玉・狭山 : 毎日新聞


児童虐待死、救うには 現場を歩いて考える 東京・大田/埼玉・狭山 : 毎日新聞 2016年2月16日

http://mainichi.jp/articles/20160216/dde/012/040/051000c?fm=mnm

16年前から児童虐待の取材を続けるルポライターの杉山春さんが、先月、東京都大田区と埼玉県狭山市で起こった児童虐待死事件の現場を取材しました。

”児童虐待は、社会のひずみの表れだと思います”

弱い立場にある子どもたちに社会のひずみがしわ寄せされることのないよう、こども@ホーム推進委員会は、これからも活動してまいります。