巨大な権限を持つがゆえに、課題も…日本の「児童相談所」の実態は?

「里親措置・特別養子縁組までまったく手が回っていない」 「対応が後手後手で、一時保護所の滞在期間が長期化している」 「全般的に、要保護児童に対する対応が迅速に行われない」 などと批判をされがちな児童相談所ですが、 その実…

続きを読む

施設措置からの転換は良いけれど…「家庭養護」「家庭的養護」の違いって?

日本の要保護児童は実にその9割近くが施設で集団生活を送っておりますが、 こうした状況を受けて厚労省は、社会的養護の「脱施設化」を明確に目指し、 以下の様な対応目標を指針として自治体に通知しています。 「施設養護・家庭的養…

続きを読む

不足するキャパシティ、厳しい行動制限、劣悪な環境…「一時保護所」が抱える問題点

予期せぬ保護者との別れや激しい虐待などにより、 「緊急保護」が必要になった児童たちは、どこに行くかご存じでしょうか。 何らかの事情が発覚したらすぐに、 里親の元や児童養護施設に行けるわけではありません。 本人の状態を見極…

続きを読む

「普通養子縁組」と「特別養子縁組」の違い、ご存じですか?

日本には「普通養子縁組」と「特別養子縁組」が存在します。 前者でわかりやすい例は婿養子です。 跡取りの男子がいないため、娘の結婚相手を家系に迎え入れるというものです。 娘と相手の男性が結婚しただけでは、親と子どもの関係は…

続きを読む

新生児を救う切り札・赤ちゃん縁組(愛知方式)について

ここまで見たきたように、日本では里親委託がまったく進まず、 多くの赤ちゃんや子どもたちが施設に送られています。 そして東京都を始めとする多くの都道府県では、 特に要保護となった生まれたばかりの赤ちゃん、新生児については …

続きを読む

里親への無理解、里親と言えばペットのこと?…里親委託が進まない理由(4)

里親の存在が世間に認知・理解されなければ、里親委託が進むことは困難です。 しかし日本では、かなりの知識層でも「里親」に対する正しい知識がありません。 ・「里親」といえばペットを引き取る人のことだと思っている方 ・「里親」…

続きを読む